ナース

初期なら治せる|癌は早期発見がカギを握る

治療法と医師の選別

頭を抱える男性

一般的な治療

脳腫瘍には身体の他のガンから脳に移動する「転移性」のものと、脳に直接腫瘍が出来る「原発性」があります。この内の原発性には、良性腫瘍と悪性腫瘍に分類されます。悪性腫瘍の特徴は、脳の内部に根を生やしたように住みつき、神経などを侵す事です。良性腫瘍は周囲を圧迫させながら成長するため、周りの神経とは一定の距離を保つのが特徴です。良性腫瘍は比較的切除しやすく、外科手術で除去する方法が取り入れられています。上手く取り除く事が出来れば、後遺症もなく完治する可能性は高いです。悪性腫瘍の場合、手術で腫瘍と切除した後、放射線治療や抗ガン剤を使用する治療法になります。悪性腫瘍の脳腫瘍は手術で完全に切除するのが難しく、残った腫瘍を放射線や抗ガン剤で除去する事が必要です。

専門的な評価が高い

脳腫瘍の治療には、後遺症というリスクがあるため病院や専門医選びは慎重に行う必要があります。脳腫瘍に詳しく、周囲の評価が高い名医を探す事が重要です。脳腫瘍は重くなると治療が困難になるので、執刀医の技術力が試されます。脳腫瘍を専門に取り扱った病院や、実績の高い医師が多く利用されています。また、最近では手術をしながら患者と話し、「言語障害」が出ていないか確認しながら行う「覚醒下手術」を取り入れた病院もあります。脳腫瘍は酷くなると、完治が難しい病気です。早めの対策を行う事が必要ですが、治療の際には適切な病院と医師を選ぶようにしましょう。現在はネットの口コミなどで病院の評価も簡単に知る事が出来ます。安心して任せられる機関を選ぶ事が大切です。