ナース

初期なら治せる|癌は早期発見がカギを握る

有効ながん対策

医療ベッド

どんな病気であっても早期の段階で治療を開始すれば、回復の確率は高くなりますが、がんも同様です。がんは不治の病とされていましたが、もう、そうではなく、医療の進歩により早期の段階で治療を受ければ完治が可能な病気なのです。但し、だからといって決して侮ってはならない病気ではあります。がんは重大な身体障害に繋がりやすい病気であり、現に死亡率は未だに高いものとなっています。そのため早い段階で治療を始める必要が出てきます。そして早期治療のために必要となるのは、当然早期の段階で発見することです。発症直後というのは自覚することが難しく、自覚した時にはすでに早期ではないということが往々にしてありますから、定期的に検査を受けることが重要です。

さて、がん治療ですが、最近、変化が見られます。がんの治療法というと、手術、放射線治療、抗がん剤治療と相場が決まっていましたが、そこに免疫療法が加わる気配があるのです。免疫療法とは、自分の免疫細胞を利用した治療法です。人間には元来、がん細胞を攻撃する性質のある免疫細胞が存在しており、そのことで、がんの発症を逃れています。つまり、がん発症は免疫細胞の、がん細胞への攻撃能力の低下が原因となるのですが、その攻撃能力を復活させるというのが免疫療法となります。具体的には、患者の体内から免疫細胞を取り出し、体外で攻撃能力を向上させた後に体内に戻すという治療法になります。手は加えるものの、患者自身の免疫細胞を利用していますので、治療に際して体に負担がかかることはなく、あっても、ほんの僅かです。その点が、従来の治療法とは異なる、免疫療法の大きな特徴です。