医者

初期なら治せる|癌は早期発見がカギを握る

早期発見早期治療の必要性

看護師とシニア女性

健康診断の必要性

日本人の3分の1または、それ以上の人が癌に罹るという時代になりました。2分の1であるとする報告もあります。まさに国民病とも言われています。癌は悪性腫瘍という「できもの」ですが、通常、自覚症状がありません。乳癌は自覚症状(胸にしこりがあるなど)があるとされていますが、自ら異常に気付くとなるとかなり進行している可能性があります。このため、初期に癌に罹っているかどうかは、医師による診察か健康診断によるしかありません。職場の健康診断もありますが、必須の項目だけであることが多く、やはり臓器ごとの健康診断も必要ですので、関心が高まっています。費用が必要となりますが、自治体も積極的に実施しているので、かつてより安価で受けることができるようになりました。

健康診断の勧め

かつては、癌と言えば「不治の病」とされ、その患者に病名を伝えるかどうか大きな医療上の問題や関心事でありました。現在は、医療技術も進み、治療によっては癌に罹っても平均寿命程度まで生きる人も珍しくないようになりました。しかし、発見が遅ければ、死に至るような怖い病であることには変わりはありません。このため、初期に治療する必要があります。癌の進行が初期であれば、抗がん剤で治療できる場合もありますし、もし、臓器を切除しなければならない場合も、狭い範囲で済む可能性があります。また、転移の可能性も低くなります。このように癌を初期の段階で見つけ、治療するためには、自覚症状がないことから健康診断を受ける必要性が高まります。

有効ながん対策

医療ベッド

がんは早期の段階で治療を受ければ、完治する可能性がありますので、早期発見が重要であり、そのためには定期的な検査が有効です。がんの新しい治療法として注目されているのが、免疫療法です。免疫療法は、患者自身の免疫細胞を利用する治療法であり、それ故に体への負担がないので、その点が従来の治療法とは異なります。

もっと読む

治療法と医師の選別

頭を抱える男性

脳腫瘍は検査で腫瘍が見つかったら、手術で腫瘍を取り除くのが一般的な治療法です。悪性腫瘍は手術後に、放射線や抗ガン薬を使い治療していきます。脳腫瘍の治療にはリスクを伴います。脳腫瘍に対して高い評価と実績のある名医や、設備が整った病院が多く利用されています。

もっと読む

脳内の血管の塊

辛そうな女性

脳動静脈奇形とは、頭の中にナイダスという血管の塊ができる奇形です。ナイダスは正常な血管と比較すると破裂しやすいので、多くの人が破裂防止のためにナイダスを切り取る開頭手術や、ナイダスの機能を失わせる放射線療法を受けています。ただし前者には1ヶ月ほどの入院が、後者には1年ほどの通院が必要となります。

もっと読む